Amazon

AmazonプライムMusicの料金や使い方は?200万曲聴き放題を赤裸々レビュー

どうも、ブログ運営者のポチ(@sunrise_033)です。

うさぎ
うさぎ
Amazon Musicプライムって実際にどんな感じで聴けるのかな?音質とかどのくらい聴けるのか気になる!

そんな疑問に答えます。

この記事の信用性

2019年4月から「コスパ・お得」をテーマに発信している当サイト「さんログ」を運営、月間平均36000PVの雑記ブロガーです。
ポチ
ポチ
Amazonプライム会員になるといろんな特典がついてきます。

その中でも「Amazon Musicプライム」は好きな音楽がいつでもどこでも気軽に聴けるAmazonプライム特典の1つです。

結論からいうと、手軽に音楽ストリーミングサービスを使いたい、広告なしにお気に入りの楽曲をBGMで楽しみたい人に特におすすめです。

なぜならAmazonプライム会員なら約200万曲の楽曲が高音質でオフラインでも楽しめるからです。

今回はそんなAmazon Musicプライムを実際に使ってみて分かった楽しみ方やデメリットを見ていきたいと思います。

・Amazon Musicプライムの使い方
・Amazon Musicプライムを使ったレビュー、楽しみ方
・Amazon Musicプライムのメリット、デメリット

スポンサーリンク

 

AmazonプライムMusicとは?

AmazonプライムMusicはAmazonプライム会員の特典の1つです。

ポチ
ポチ
Amazonプライム会員は月額500円・年額4,900円で様々な特典が付いてくるサービスです。
【30日間無料】Amazonプライム会員登録のやり方は?5ステップで解説最近、Amazonプライム会員に登録してみました。結果、こんな日常で快適に使えるツールを今までなんで使ってなかったんだろうと感じてしまいました。 ということで今回はAmazonプライム会員の登録のやり方から料金、特典をレビューしていきたいと思います。...

その中の特典の1つである「AmazonプライムMusic」は、Amazon Musicストリーミングサービスの楽曲を約200万曲を追加料金なしで聞く事ができます。

聞けるジャンルはいろいろあり邦楽、洋楽問わず様々な楽曲を楽しむことができます。

と個人的に思ってます。

AmazonプライムMusicの使い方

では、使い方を見ていきましょう。

1、Amazon Musicアプリをインストール
2、起動して曲を選択

1、「Amazon Music」アプリをインストール

Amazon MusicプライムはAmazon Musicアプリをスマホにインストールして使います。

アプリをインストール→こちら

インストールしたら起動します。

ポチ
ポチ
Amazon会員になっていれば、そのアカウントでログインできます。

今回はAmazonプライム会員になっている前提で進めますね。

2、起動して曲を選択

あとは起動して聴きたい曲を選ぶだけです。

コンテンツによっては追加料金(購入)の曲もあります。

ポチ
ポチ
有名アーティストなどは購入が多いかも。

【メリット】Amazon Musicプライムを使ってよかったところ

実際に使用してみてAmazon Musicプライム良かった使い方を見ていきます。

・お手軽感満載!オンラインならエンドレスで楽曲を再生
・オフラインで曲を聴ける
・音質を調整できる
・プレイリストやマイミュージックを作成できる

ポチ
ポチ
個人的にはこの4つが結構気に入っています。

それぞれ詳しくみていきます。

お手軽感満載!オンラインならエンドレスで楽曲を再生

先述していますが、Amazon Musicはオンライン上で聞く音楽ストリーミングサービスです。

ポチ
ポチ
基本はネットがつながっている時にガンガン聴きまくるのが気持ちいいんですよね。

プライム特典でもかなりの楽曲が聴き放題なので、結構個人的には満足です。

まぁ、結構ギガも食うので(のちに後述します)大容量が無制限のネット環境が必須になったりしますが。

モバレコエアー徹底解説まとめ、実用した評価、お得な情報レビューモバレコエアーが気になっているけど、実際に使った感想や評価を知りたい。そんな悩みにお応えします。モバレコエアー歴3年半の僕が実際に使用した感想と評価を含めてスペックからお得に契約する方法までのまとめ記事を作ってみました。 ...

それでも、広告とかなくてサクサク聴けるのは嬉しいですよね。

楽曲を選定する方法は下記になります。

↑好きなアーティスト検索窓も入力します。

↑楽曲やアルバムから曲を選択することができます。

後述しますが、楽曲をプレイリストやダウンロードして管理することもできますよ。

オフラインで曲を聴ける

Amazon Musicで聴ける楽曲は「ダウンロード」することで、オフラインでも聴くことができます。

なので、ネット環境が不安な時はオフラインで聞くこともできるんです。

ポチ
ポチ
ギガ数の節約にもなるので便利ですよね。

ではやり方をみていきましょう。

↑ホーム画面から歯車マークをタップします。

↑「オフライン再生」をオンにして完了です。

オフライン再生時はストリーミング再生はされず、「ダウンロード」した楽曲のみを選べるようになります。

曲をダウンロードする方法は下記になります。

楽曲の横にある「・・・」マークをタップ→「ダウンロード」をタップ

↑楽曲の横にある「・・・」マークをタップします。

↑ダウンロードをタップします。

ダウンロードマーク完了マークになればOKです。

もっとほかにやり方あるんですけど、ちょっと複雑で僕の頭だと理解できなかったので直感的にやってみた方法を紹介しています。笑

もっと詳しく知りたい場合は下記の紹介記事(外部リンク)を参考にしてみてください↓

→DIGLE MAGAZINE

音質を調整できる

Amazon Musicでは音質を調整することができます。

音質は標準、HDなどがあり良い音質の分、ギガ数を消費します。

なので音質調整は「ギガ数を節約できるもう1つの方法」でもあります。

ポチ
ポチ
Amazon Musicプライムでは下記のような音質を選ぶことができます。

↑Wi-Fi接続時

自動ネットワークに合わせて自動で調整
標準高品質の楽曲を再生

 

↑モバイルデータ時

自動ネットワークに合わせて自動で調整
標準高品質の楽曲を再生
データ通信節約品質を制限してデータ浪費を防ぐ

設定方法は下記のとおりです。

トップページの右上にある設定(歯車)をタップ→「設定」→「ストリーミング設定」

↑トップページの右上にある設定(歯車)をタップします。

この画面から設定します。

一応、ストリーミングの品質とギガ数の目安もAmazonから表記されていたので、表にして載せておきます。

10時間再生の通信量
自動660MB(0.5GB)
標準↓
品質高2400MB(約2.4GB)
品質中1140MB(約1.1GB)
データ通信節約↓
品質小〜中1000MB(約1GB)

 

またモバイルデータ時にストリーミング機能を停止する設定もできます。

↑方法は「ストリーミング設定」から「Wi-Fi接続時のみストリームする」をオンにします。

これでモバイル時は強制的にストリーミングを停止(ダウンロードした曲のみ流れる)するのでギガ数の節約になります。

プレイリストを作成できる

Amazon Musicでは自分のお気に入りの曲を集めて保存できる「プレイリスト」機能があります。

「プレイリスト」はアーティストやジャンルに関係なく、お気に入りの曲を集めて並べ替えなどの管理をすることができます。

作成方法は下記になります。

楽曲の右側にある「・・・」マークをタップ→「プレイリストに追加」をタップ→「新しいプレイリストを追加」をタップ

↑楽曲の右側にある「・・・」マークをタップをタップします。

↑「プレイリストに追加」をタップします。

↑「新しいプレイリスト」を追加をタップします。

↑好きな名前をつけて保存(後から変更も可能)をします・

↑これで完了です。

ポチ
ポチ
作成したプレイリストは「ライブラリ」から確認することができます。
でも、いろんな楽曲を「マイリスト」に追加すると、何が「マイリスト」に入っているのかわからなくなるんだけど、、。
ポチ
ポチ
「マイリスト」に保存済みの曲を再び保存しようとすると「再度追加しますか?」というポップ画面がでできますよ。

しっかり重複しないように配慮されてるので安心ですね。

「プレイリスト」で楽曲を並び替える方法

続いて「プレイリスト」で楽曲を並び替える方法を見ていきます。

「ライブラリ」から作成した「プレイリスト」をタップ→「並べ替え」をタップ→再び「並べ替え」をタップ→項目を選択して「適用する」をタップ

↑ライブラリから作成した「プレイリスト」をタップします。

↑「並べ替え」をタップします。

↑再び「並べ替え」をタップします。

↑項目を選択して「適用する」をタップします。

並べ替えの項目は「アーティスト名」、「追加日」、「期間」、「人気度」、「タイトル」を選べます。

これで簡単に順番を移動できます。

【デメリット】Amazon Musicプライムを使ってイマイチなところ

個人的に使用してみて感じたAmazon Musicプライムのイマイチな点を見ていきます。

・選択肢が多すぎてわかりづらい
・操作になれるのに時間がかかる
・聞けない曲もある

このようなところでしょうか。

それぞれ見てきます。

選択肢が多すぎてわかりづらい

使っていると自動で好きなアーティストや楽曲をピックアップしてくれるのですが、逆に選択肢が多すぎてわかりづらい感じがします。

慣れていけば便利で快適になるんでしょうけどね。

操作になれるのに時間がかかる

設定や操作になれるまで少し自分で調べたりしました。

ストリーミングサービスになれていないと始めはわかりづらいと感じるかもしれませんね。

しかし、設定によって快適度がぐーんとUPするので自分好みの設定に調整して楽しめます。

Amazon Musicプライムでは聴けない曲もある

Amazon Musicプライムは200万曲が聴き放題です。

聴ける楽曲は多いと思いきや、意外と使っていると聴けない曲も出てきます。

(僕は邦楽ばっかり聞くので超有名アーティストのベストアルバムなんかは聞けないということもありました。)

もしかしたらアルバム単位で聴けないと聴ける楽曲があるのかもしれません。

邦楽や洋楽でも聴けない種類もあるので注意ですね。

もっといろんな音楽を聴きたいひとは「Amazon Music Unlimited」

もっと聴きたいと人は月額980円(プライム会員なら780円)で7,500万曲が聴き放題の「Amazon Music Unlimited」がおすすめです。

ポチ
ポチ
3ヶ月の無料体験がついてるのでコスパも神がかってます♪

・楽曲数は7,500万曲以上
・高音質の「HD」、「ULTRA HD」も聴き放題
・空間オーディオ(3Dサウンド)も聴ける

 

なんと、Amazonプライム会員の特典で聴ける楽曲の約37倍の楽曲が聴き放題です。

ほぼ聴きたい曲見つかるんじゃね?って思うレベルですよね。

またHDで聴き放題ということなので音質が良いです。

・標準音質→最大320kbps
・HD→標準音質の2倍
・ULTRA HD→標準音質の10倍

このくらい音質に違いがあるようで、「Amazon Music Unlimited」ではHDはもちろん、ULTRA HDも700万曲が聴き放題です。

また空間オーディオにも対応しているので、お気に入りのデバイスのポテンシャルを最大限に引き出すこともできますね。

まとめ

いかがでしたか?

Amazon Musicプライムを実際に使ってみて分かった楽しみ方やデメリットを見てきました。

個人的な感想は、手軽に聴けるストリーミングサービスなので音楽をより身近に利用できるツールとして満足度が高いですね。

ポチ
ポチ
オフラインでもダウンロードで聴けるのも良い点ですよ。

だた、設定がすこし慣れないとわかりづらい点もあるので、本記事を参考してもらえれば幸いです。

Amazonプライム会員になれば無料で使えるので、ぜひ興味があれば活用してみてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

快適で手放せない!Amazonプライム会員で何ができる?【5つの特典まとめ】Amazonプライム会員の5つの特典。個人的に快適で手放せません。では、どんなものがあって何が便利なのか?を実際に使用した内容を含めて詳しく見ていきたいと思います。...

 

ポチ
ポチ
この記事が良いと思ったら、ポチっ!してくれると嬉しいです!

↓「ブログ村ランキング」参加中!
PVアクセスランキング にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です