都市伝説・不思議

明晰夢は危険?見るための4つのやり方と見なくする対処法

みなさん、明晰夢を知っていますか?

自分の思うがままにコントロールできるできるこの夢は、見ているととても楽しいし、爽快です。

(僕は子供の頃からよく見ていました。)

しかし、ネットなどでは、「危険」や「怖い」といったこともよく言われていますよね。

そんなわけで今回は、明晰夢って本当に危険なのかを「明晰夢を見る4つの方法」「頻繁に見すぎる時の対処」と一緒に詳しく見ていきたいと思います。

あくまでも個人的な体験の感想を軸にしていますので、ご了承ください。

この記事の要点

○明晰夢って怖い?危険?
○明晰夢を見るための4つのやり方(個人差あり)
○頻繁に見すぎてしまう時の対処

明晰夢って危険?怖い?

先に結論からいうと、個人差がありますが、実際の経験からいうと、

危険なことはありませんし、怖いこともありません。

しかし、頻繁に見すぎてしまうと体調に影響することは経験上ありました。

詳しくは、下の「頻繁に明晰夢を見すぎてしまう時の対処」の項目に書いてあります。

明晰夢とは、夢の中で「夢だと自覚している状態で見る夢」のことです。

自分で夢をコントロールできるとか、よく言われています。

ポチ
ポチ
(何回も子供の頃から見てるけど、コントロール普通にできます。)

ですが、ネットで明晰夢を調べると、「怖い」「危険」とか検索に出てきます。

実際、何度も体験している身としてはこんな風に思います。

・ただ、見るだけなら危険はない
・頻繁に見ると、覚醒状態が続くことも
・結果的に寝てても疲れが取れなくなる

大体の記事をみても、「脳の疲れ」について述べていますが、これは結構あってる気がします。

僕も頻繁に見すぎて脳が覚醒し続ける状態になり寝不足のように疲労ていた時期ありますし、体調に影響することもあるのではないかと。

あとネットでは、「夢のコントロールや制御ができなくなる」ということも多く書かれています。

これについては、少なくとも僕は、明晰夢をコントロールできなくなることがありませんでした。

大体は自分が思うようなことができます。だた、どうしても出来ないこともありますけど。

明晰夢を見るための4つのやり方

それでは、明晰夢を見るための具体的なやり方をみていきます。

あくまで実際にやってみた方法で、科学的根拠とかありませんので、ご了承ください。

1.夢日記をつける
2.寝る時は意識的に脳のおしゃべりや思考を止める
3.二度寝する
4.レム睡眠時のタイミングで目覚めるように調整する

以上が、実際に試した方法です。

これ以外にも明晰夢を見られるようになる方法はいくつもあります。

しかし今回は僕が実際に試した内容に絞ってみました。

夢日記をつける

・夢を見た直後に、その内容を覚えてるかぎりメモ(ノート)に書く。
・書いた内容を何回も思い出す。

具体的には、この2つの方法です。

これは夢を思い出し、文字に書くことで「夢を自分の記憶の中にインプットしていく」作業です。

より鮮明に思い出せるようになれば、明晰夢も見やすくなると言われています。

ポチ
ポチ
明晰夢を見る方法として、1番メジャーな方法でもあります。

具体的にどうやってやるのかというと、

「夢を見た直後に、その内容を覚えてるかぎりメモ(ノート)に書く。」 

これです。

スマホのメモでも良いですが、出来ればペンで文字にして書きます。

「文字にする」ことで、潜在的に出来事をインプットできるからです。

夢の内容を思い出すことが目的なので、好きなように書いて行きます。

書いた内容を何回も思い出す。

夢日記をつけたら、書いた内容を何回も思い出します。

初めは鮮明に覚えていても学校や仕事に向かう準備をしてる間に大体のことは忘れます。

なので、意識して思い出す事を心がけます。

ポチ
ポチ
そのうち、より鮮明に思い出してくるようになります。
試した感想

たしかに効果はあると個人的には感じます。初めは、夢を思い出すことがあまりできなかったのですが、やっていくうちにうまくなりました。そして夢に気づく回数が増えました。

寝る時は意識的に脳のおしゃべりや思考を止める

・無心になって寝る

簡単にいえばこれをします。

無心になるって、表現が難しいんですが、、僕の場合は「考え事をしない環境に身を置いて寝る」ことをしました。

主に好きな音楽をかけて、何も考えない状態になって眠りにつくことをしていましたね。ようするにリラックスして寝るってことです。

脳内っていつも、いろんなおしゃべりをしているものです。

「明日仕事だぁ」とか「今日は〇〇だったなぁ」

→これが脳内のおしゃべりです。

そして寝る前もこうしたおしゃべりは絶え間なく脳内でされているんですね。

なので、一旦、無心になって何にも考えないことをしてみましょう。すると、心も体もリラックスした気分になれますよ。

試した感想

直接的に明晰夢が見やすくなったわけではないですが、リラックスして寝ると目覚めが良いと感じました。効果的には関係ないのかも。

二度寝する

二度寝をすることで、明晰夢を見る確率を上げることが出来るらしいです。

個人的な感覚なんですが、明晰夢って「起きようと思えば起きれる」くらいの浅い夢の時が多い気がします。

なので昼寝しているや仮眠している時にも明晰夢を見ることがあります。

試した感想

二度寝は当時、結構な頻度で明晰夢を見ていました。積極的に二度寝できるように目覚ましを早くかけてたりしてましたね。効果はあったと思います。

レム睡眠時のタイミングで目覚めるように調整する

睡眠って、90分毎の周期でレム睡眠とノンレム睡眠を交互に繰り返しています。

一般的にレム睡眠の時に夢を見るので、寝始めてから起きるまでの睡眠時間を「6時間→7時間半→9時間」 と90分周期の時間帯に起きれば「夢を見ている直後」に目が覚める確率も高いということです。

試した感想

実際は、毎回夢見てる時に毎回起きることはありませんでした。多分体調とか、いろいろな要素ありますからね。しかし効果がないっていわれればそんなこともなく、夢で目が覚める頻度は上がった気もします。

明晰夢に入るタイミングは2つ

では明晰夢はどのようなタイミングで自分が夢だと気づくのでしょうか?

「気づくタイミング」には2つがあると体感的には思っています。

○夢の途中で気付く
○気づきながら夢に入っていく

それぞれ説明して行きます。

夢の途中で気付く

シチュエーション
→普通に寝てる時によく見る

ポチ
ポチ
個人的には明晰夢を見る時は大体このパターンです。
夢を見ているときに、「あ、これ夢は夢だ」と気付くケースです。

「夜に寝たのに、昼になっている。」

「家の中で寝たのに、なぜか外にいる。」

「学校にいる・公園にいる。」

などなど様々な違和感に気づいた瞬間に「ハッ!」と気付くことが多いです。

気づきながら夢に入っていく

シチュエーション

→二度寝などの時に遭遇する

ポチ
ポチ
これはレアケースな気がします。

寝てたら、意識あるうちにそのまま明晰夢にたどり着くケースです。

この場合、最初から夢だと気づいています。

こっちは普通に寝てると滅多に体験しませんが、二度寝時に見ました。

すでに夢だとわかっているので、自由度が高い反面、慣れていないとすぐに起きてしまいます。

頻繁に明晰夢を見すぎてしまう時の対処

僕はを明晰夢を見すぎて、実生活に影響したことがあります。

「疲れがとれない」、「頭痛はする」、「覚醒したままで寝不足感がある」 といったものでした。

なので見すぎてしまう時の対処をご紹介します。

・夢日記をつけるのをやめる
・ついでに思い出すのもやめる
・抜けやすい場合は頻繁に目を覚ます

結果、明晰夢をみる頻度がかなり減りました。一番効果があったのは、「夢日記をつけるのをやめる」でしたね。

思い出す習慣がなくなると夢に気づく頻度が下がって明晰夢に発展しません。

さいごに

明晰夢を見るための4つのやり方でした。

個人差はあるので、このやり方でできるかは保証はできませんが、個人的には成功率が上がった方法です。

ぜひ、明晰夢を見れる方法の一つとして参考にしてみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

ポチ
ポチ
この記事が良いと思ったら、ポチっ!してくれると嬉しいです!

↓「ブログ村ランキング」参加中!
PVアクセスランキング にほんブログ村