ユニクロ

【ユニクロ】ヒートテックファンクショングローブ、撥水性を調べてみた【購入レビュー】

冬になると注目するのがユニクロの手袋。コスパが良いのは知っているけれど、実際の機能性やつけ心地などが気になる方もいるのではないでしょうか?

どうも、ブログ運営者のポチ(@sunrise_033)です。

この記事ではユニクロ「ヒートテックファンクショングローブ」の防水・撥水性や付け心地を検証してみました。

結論から言うと、「撥水性・防水」と「防風性」に優れて、3指でスマホもいじれる高機能かつ低価格な手袋です

この記事を読めば、「ヒートテックファンクショングローブ」のつけ心地や使用感をイメージできると思うので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事の信用性

2019年4月から「コスパ・お得」をテーマに発信している当サイト「さんログ」を運営、月間平均36000PVの雑記ブロガーです。

【購入レビュー】ヒートテックファンクショングローブの性能と特徴

さっそくユニクロに行きブロックテック素材の「ファンクショングローブ」を購入しました 。値段は1,500円でした。

(現在は1,990円になっています。)

追記:2022年の値上げに伴い、表示された値段を修正しました。

f:id:sanrisesansan:20191110160237j:plain

2018年時に初回発売していた時よりも、今年はさらに改良して登場しており、主な改良点は、「指先が3Dカット」になり、動きやすい「立体的設計」になっています。

その他にも機能は受け継がれており、

・防風性が高い
・撥水性が高い
・スマホのタッチパネル対応
・手の平部分にすべり止めでグリップ力を強化

このような高機能が凝縮されています。

性能1:「ブロックテック」で防風性が高い

このタイプは表面甲部分に「ブロックテック素材」を施しており、雨や風を通しません。

まさに防風性に特化していると言えます。

ブロックテック機能とは、防風、透湿、防水、ストレッチ機能があり、ムレにくい機能のことです。

そして裏地はヒートテックフリースになっているので暖かいです。

f:id:sanrisesansan:20200922213229j:plain

冬場はこれが助かります。

性能2:「ブロックテック」で撥水性が高い

同じく「ブロックテック素材」のおかげで撥水性も高いです。

ヒートテックファンクショングローブの手の甲に「ブロックテック」が施されており、手の甲からの雨などを弾きます。

*実際に撥水性を検証した内容は下記に載せています。

性能3:スマホのタッチパネル対応

「ヒートテックファンクショングローブ」の手のひら部分を見ていきます。

f:id:sanrisesansan:20191110160539j:plain

ピンクの囲いの部分がタッチパネル対応になっており、ここからスマホを操作できます。しかし、反応は正直そこまで良くないです。

実際に使える操作は「スクロール」や「タップ」といったところでしょうか。

また「手のひらに滑り止め」がついているのでグリップ力が向上されています。いろんなところにコアな改良がされていますね。

性能4:【新機能】指先が3Dカットになり、フィット感アップ

f:id:sanrisesansan:20191110160937j:plain

「ヒートテックファンクショングローブ」は側面部分がこのように「3Dカット」になっています。手を入れてなくても、しっかり立体になっていますね。

フィット感が増しているのかは、以前のグローブを持っていないのでわかりませんが、確かに指がしっかり入っている感じはあります。

スポンサーリンク



 

【検証】ブロックテックで驚きの耐水性を調べてみた!

ヒートテックファンクショングローブの最大の特徴は「ブロックテック」が施されていることで、防風性と撥水性も高いです。

ではどれくらいの撥水機能があるのか実際に調べてみることにしました。

(どのくらい水道水を弾くのか検証します)

 

f:id:sanrisesansan:20191110163531j:plain f:id:sanrisesansan:20191110163642j:plain

このように予想しでたよりもしっかりと水道水を弾きます!

ポチ
ポチ
これには普通に驚きました。

こちらがTwitterで載せた動画です。

上記のように10秒間くらいを動画にで撮ってましたが、完璧に水を弾いていますよね。

これなら、小雨程度の雨なら全然気になりません。

防水性はあるのか?

一方、防水性はあるのか?というと結論からいうと防水性はありません。

あくまで撥水性が高いですが長い間雨にさらされていると、手袋内に浸透してびしょ濡れになります。

撥水加工が強力なので水は弾きますがあくまで弾くだけで防水加工ではないので、もし防水加工の手袋をお探しなら注意しましょう。

【追記】使用して分かったイマイチなところ

これまで使ってきて、イマイチなところもあったので見ていきたいと思います。

・「ブロックテック素材」は手の甲部分しか使われていない
・着用時のスマホの感度が悪い

こんな感じです。

「ブロックテック素材」が付いているのは手の甲部分(表面)だけなので、掌は防風・撥水ではありません。

ポチ
ポチ
以前、雪投げしたら掌がびしょびしょになりました。

あと先述してますが、着用時のスマホの感度は「ラインのメッセージ打てないくらい」悪いです。

【2022年も活躍】ヒートテック手袋の種類は5つ!「ファンクション」と「キルティング」はブロックテック素材

f:id:sanrisesansan:20200922213123j:plain

冬になり、だんだんと寒くなる季節、話題になるのがユニクロのヒートテックアイテム。

そのバリエーションはインナーから小物まで様々ですが、寒くなるにつれて注目になるのが「ヒートテック手袋(グローブ)」です。

ポチ
ポチ
下記に注目の「ヒートテック手袋(グローブ)」をまとめてみました。

追記:2022年の値上げに伴い、表示された値段を修正しました。

商品値段(税込)特徴
ヒートテックライナーニットフリースグローブ1,500円→1,990円ヒートテックニット
ヒートテックライナーファンクショングローブ1,500円→1,990円ブロックテック素材
ヒートテックライナーキルティンググローブ1,500円→1,990円ブロックテック素材
ヒートテックスウェードタッチグローブ1,500円→1,990円スウェード調素材
ヒートテックストレッチグローブ1,500円→1,990円ヒートテックニット

特に注目なのが、「ブロックテック素材」を搭載した2つの手袋で「耐水性」と防風性に強い素材なので街の雨風なら防げそうですね。

【ユニクロメンズ冬】おすすめのヒートテック手袋、5種類を紹介!毎年、進化しつづけるユニクロのヒートテック手袋ですが、どんなヒートテック手袋が出てるのか気になりますよね。この記事では、冬におすすめのユニクロヒートテック手袋のラインナップ5種類を見ていきたいと思います。...

ネットショップで買えるフリース裏地の防水・防寒スポーツ手袋を紹介!

ポチ
ポチ
ネットショップでも防寒手袋を見つけたので紹介します。

↑Amazonが最安値でした。

Amazonプライム会員なら配送指定やお急ぎ便のオプションが無料です。

Amazonプライムの30日間無料体験はこちら♪

生活を快適に楽しくアップデート!Amazonプライムの5大特典まとめAmazonプライム会員には5つの特典があります。 実際に使ってみて、生活の快適さをアップデートしてくれるコスパの良いツールだと実感しています。ではどんな特典で何が便利なのかを実際に使っている感想を含めて見ていきます。...

「オゼロ(OZERO) 」のメンズ手袋でして、防水・撥水加工を施した防寒スポーツ手袋です。

Amazonランキングでも1位を獲得している商品ですね。

-5度までの使用を想定しており、ランニングや釣り、ツーリングにも最適です。

性能としては

・防水撥水加工が強力
・裏地のフリース素材で保温性
・人差し指と親指でスマホ操作
・シリコンゴムの滑り止めでグリップ力

このような感じで機能性も良さそうです。

S~Lの3サイズ展開でして、小さいサイズなら女性でも使用しているレビューもありましたね。

興味あれば、ぜひ調べてみてくださいね。

 

まとめ

「ヒートテックファンクショングローブ」の購入レビューと撥水性の検証を見ていきました。

結論は、「撥水性」と「防風性」に優れて、3指でスマホもいじれる高機能で低価格なアイテムです。

ポチ
ポチ
1500円で買えるのも魅力的ですね。

この冬の寒い季節に、利用してみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうこざいました。

 

ポチ
ポチ
この記事が良いと思ったら、ポチっ!してくれると嬉しいです!


↓「ブログ村ランキング」参加中!

PVアクセスランキング にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です