ワイモバイル

【2022年版】利用歴5年、ワイモバイル料金プランをわかりやすく解説

どうも、ブログ運営者のポチ(@sunrise_033)です。

筆者は今年でワイモバイル5年目を迎えます。

毎年、パワーアップするサービス内容ですがワイモバイル料金プランは

シンプルな3つのプラン
選べるオプション
データくりこし

の3の魅力があります。

この記事では2022版のワイモバイル料金プランについて詳しく分かりやすく解説していきます。

実際に利用した感想や速度を知りたい人は下記記事を参考にしてみてくださいね↓

ワイモバイル速度レビュー、5年使ってわかったメリット、デメリットこの記事で、ワイモバイルを3年間使ってみて感じたメリットとデメリットをまとめました。生活環境やWi-Fi環境で違うと思いますが、実際の速度や料金的な面ではどうなのかなどを紹介します。...

この記事の信用性

2019年4月から「コスパ・お得」をテーマに発信している当サイト「さんログ」を運営、月間平均36000PVの雑記ブロガーです。

【2022年版】ワイモバイル料金プラン

ではさっそく、ワイモバイルの最新の料金プランを詳しくみていきます。

SML
月額基本料(税込)2,178円3,278円4,158円
家族割引・おうち割光(税込)

*併合不可

990円2,090円2,970円
ワイモバ親子割

(1年間)

対象外1回線目 2,178円

2回線目以降 990円

1回線目 1,870円

2回線目以降 3,058円

高速データ通信容量

(最大)

300kbp1Mbp1Mbp
データ通信容量超過時の通信速度3GB15GB25GB
通信方式4G/5G対応
通信料22円/30秒

以前のワイモバイル料金プランは無料通話10分が自動で着くプランだったのですが、2021年のリニューアルにより無料通話分がオプション化することになりました。

これにより、料金プランが値下げする結果になりました。

【2021年ワイモバイル】新旧料金プランの変更点を徹底比較!「ワイモバイルの新プランは今までと何が違うの?変更点が知りたい!」 「結局、プラン改善でお得に使えるようになってるのかな?」 そんな疑問に、ワイモバイル使用して4年の筆者がお答えします。...

最新のお得なプランとしては、「ワイモバ親子割」があります。

ワイモバ親子割とは、

5歳以上18歳以下の利用者を対象に、スマートフォンの基本料が適用月から最大13ヵ月間、-1,100円割引になるキャンペーン

です。

ポチ
ポチ
期間は5月31日までの特別限定プランです。

対象プランは「シンプルM/L」になります。

家族割で割引になり、さらに5~18歳の利用者は1年間「ワイモバ親子割」が適応されます。

イメージとしては、家族でワイモバイルに乗り換えてさらにお子さんの分の利用料が安くなる感じですかね。

対象は1年間なので、2年目からは料金が変わりますが、家族のスマホ代を考えると嬉しい割引ですね。

ワイモバイルの3つの魅力を解説

ワイモバイルを利用する上で知っておきたい3つの魅力をみていきたいと思います。

先述していますが、

シンプルな3つのプラン
選べるオプション
データくりこし

この3つがワイモバイルを利用する上での魅力だと考えます。

その理由を詳しく見ていきます。

シンプルな3つのプラン

先述した料金プランの通り、ワイモバイルはとってもシンプルな料金プランをしています。

お好みの基本データ通信量+通話オプション

というのがベーシックなイメージではないでしょうか。

うさぎ
うさぎ
通話は全然しないし、LINE電話で良い。

そんな場合は、お好みの基本データ通信量のみで全然OKなのも良いところですね。

選べるオプション

ワイモバイルはデータ容量+必要なオプションをつけるのがメインの運用になってきます。

繰り返しになりますが、電話しないならお好みの基本データ通信量のみで全然OKです。

あと個人的な感想としてワイモバイルのオプションは使えるか使えないかは別として、わかりやすくシンプルなイメージなので選びやすいと感じます。

ワイモバイルの主要オプションの詳しい解説と比較、選び方も検討ワイモバイルのオプションの選び方と詳細を知りたい!という疑問に答えていきます。今回のワイモバイルの2021年料金改正での一番の特徴になっていると感じるのが、オプションの多様性が全面に出てきて料金のカスタマイズがしやすくなったということです。...

上記で詳しいオプション内容を解説しているので、興味あれば参考にしてみてくださいね。

データくりこし

ワイモバイルは最近になり、データ容量を繰り越しできるようになりました。

正直、この繰り越しが以前はなかったので、他社と見劣りしていた感はありましたが、、。

ポチ
ポチ
見事に「繰り越し」がついてくれました。

筆者の実際に使っているプランを例にすると、「シンプルSプラン」で3GB(データ増量プランなし)で運用しているのですが、月のデータ容量はだいたい1.5GB程度です。

(自宅では別のWi-Fiを利用してます。)

この場合は、翌月に1.5GB繰り越しされることになるので合計4.5GB利用することができます。

こんな感じで繰り越し毎月繰り越ししていくことになり、データ容量に余裕を持って運用することが可能になっています。

ただし、月ごとの繰り越し上限はプランの基本データ容量までなので過度にデータ容量を繰越せるわけではないので注意しましょう。

LINEMOとの比較

最後にソフトバンクのサービスで料金は内容がにているLINEMOについてです。

詳しくは下記記事に載せているので見ていただければと思いますが、

おうち割ユーザーにとって、LINEMOミニプランはワイモバイルとどっちがお得?ソフトバンクが「20GB2728円」で提供してきたLINEMOだけど、3GB990円のミニプランを提供、ワイモバイルとの違いって?おうち割ユーザーからすれば、LINEMOミニプランとワイモバイルのSプランだとどっちがお得?そんな疑問にお答えします。 ...

すこし違いに触れると、ワイモバイルは

・電波の速度と安定性重視
・店頭窓口あり
・Yahooショッピング、トラベル愛用者お得(プレミアム会員が付いてくるから)

なのに対して、LINEMOは

・とにかくシンプルで安いプラン
・オンラインの申し込み上等
・Yahooサービス使わない

そんな人向けのプランと言えます。

LINEMOの料金プランは

3GB990円
20GB2,728円

の2つしかないのでシンプルですし、余計なことなくそのままの料金で利用できます。

しかし、店頭の申し込みができないのと速度や安定性がワイモバイルよりも劣りそうなのも不安要素ではありますよね。

まとめ

この記事では2022版のワイモバイル料金プランについて詳しく見ていきました。

まとめると、

・シンプルな3つのプラン
・選べるオプション
・データくりこし

が魅力の料金プランであり、店舗でしっかり店員さんにサポートしてもらえるのが強みです。

ワイモバイルオンラインストアでも店頭と同じように契約できる手軽さもありますね。

もし興味あれば、速度などのレビュー記事も下に載せておくので参考にしてみてくださいね。

ワイモバイル速度レビュー、5年使ってわかったメリット、デメリットこの記事で、ワイモバイルを3年間使ってみて感じたメリットとデメリットをまとめました。生活環境やWi-Fi環境で違うと思いますが、実際の速度や料金的な面ではどうなのかなどを紹介します。...

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【まとめ】ワイモバイルを徹底解説!速度や注意点も赤裸々レビュー僕はワイモバイルを3年間利用しているヘビーユーザーです。 料金プランと速度と繋がり安さのバランスが良いので利用し続けています! そんな長年、僕が実際に利用していて気づいたメリット・デメリットや料金プラン、注意点といったことを詳しくまとめてみました。...

 

ポチ
ポチ
この記事が良いと思ったら、ポチっ!してくれると嬉しいです!


↓「ブログ村ランキング」参加中!

PVアクセスランキング にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。