Mac

MacBookの画面汚れを解決!ダイソー「メガネクリーナー」が大活躍

MacBookの画面の汚れが気になって仕方がない。ウェットティッシュで拭いても良いのかわからないし、簡単なケアの仕方ないかなぁ。

そんな疑問にお応えした商品をダイソーで見つけました。その名も「速乾性ウェットタイプ メガネクリーナー」です。

当サイトにお越しいただきありがとうございます。

ブログ運営者のポチ(@sunrise_033)です。

この記事の信用性

2019年4月から「コスパ・お得」をテーマに発信している当サイト「さんログ」を運営、月間平均36000PVの雑記ブロガーです。

この記事の内容

・MacBookのお手入れのやり方を確認
・ディスプレイ画面に除菌ウェットティッシュが使える?
・ダイソーの「速乾性ウェットタイプ メガネクリーナー」をレビュー

 

ダイソーのメガネクリーナーがMacBookディスプレイの汚れ落としに最適だった

いきなり結論から言いますと、簡単にかつキレイにMacBookの画面のお手入れできるのが、ダイソーで売られている「速乾性ウェットタイプ メガネクリーナー」です。

これで画面の汚れを落とし、拭きあとも残りにくいので、快適にお手入れすることができるかなと個人的には思い今も使用しています。

↑現物はこれです。

特に暗い画面になった時に気になるキーボードの手垢もサクっと取れます。30枚入りで100円とコスパも良いのでとってもおすすめです。

ということなのですが、ここからは中身や成分、おすすめの理由を詳しく見ていきたいと思います。

パソコンディスプレイはウェットティッシュはNG?でもMacBookは大丈夫なの?

パソコンディスプレイをケアするのってそもそもどうすれば良いの?

そんな疑問もあると思います。

実際に僕の使っているMacBook Proの場合で見ていくと、Apple公式ではこのように述べられています。

70 % イソプロピルアルコール含有ワイプ、75 % エチルアルコール含有ワイプ、クロロックス除菌ワイプ (Clorox Disinfecting Wipes) を使い、Apple 製品の通気性のない硬い表面、たとえばディスプレイやキーボードなどの外表面を優しく拭き取る分にはかまいません。

引用:Apple公式サイト

 

要約すると、どうやら特定のアルコール成分が使われてるウェットティッシュなどでお手入れはできるということが公式サイトで書かれています。

しかし、特定のアルコール成分ということなのでコーティングに影響してしまうものもあるということです。

実際に僕もこれやらかしたことありまして、

普通の手拭きで使ってるウェットティッシュでディスプレイ画面をお手入れしたら白い跡が残ってしまいメガネ拭きでかなり時間かけて落とした。

という失敗経験があります。

 

Mac Bookの画面は折り畳む時にキーボード部分がディスプレイに触れて汚れがついてしまうので、こまめな掃除は必要なのですが、やり方を間違えると先述した通りに余計に汚れてしまうことにもなりかねません。

ダイソーのメガネ拭きの中身をレビュー

ポチ
ポチ
ダイソーのメガネ拭きなら、実際に試してみて綺麗に汚れが拭き取れて後も残らないのでおすすめ。

ということで、実際に買って試してみたレビューをみていきます。

特徴に書いてある通り、速乾性のあるウェットタイプのメガネ拭きです。30枚入りの使い捨てです。

成分はエチルアルコール(エタノール)でして、類似のダイソーメガネクリーナーで研磨剤などが含まれているものもありますが、こちらはApple公式サイトでお手入れに使用NGになっているので注意しましょう。

中身は一枚づつ包装されています。速乾性のウェット仕様なのでこの配慮は嬉しいですね。

広げるとこんな感じです。といっても広げて使うことはほぼ無いですが、そこそこ大きいです。しかし、個人的には、

普段は折り畳んだまま使うのが一般的な気がします。

速乾性は確かで、数分すれば乾きます。実際にディスプレイを拭いてみても

数十秒経てば乾きます。水滴の後は上記の画像のように残っていないのもこの製品の良いところです。

ポチ
ポチ
ダイソーに売っている他の製品は水滴の跡が残ってしまうものもあるよ。

汚れを落とすの性能もしっかりあります。お手入れ方法はシンプルで

汚れを確認したら、

そこをメガネクリーナーで拭きます。

汚れが取れているのが確認できますよね。このままある程度乾いたら、

メガネ拭きで軽く磨いてあげれば綺麗に汚れを落とすことができます。

 

いくつか他の製品も使ってみた結果、この商品が1番良いと個人的に思っています。

 

まとめ

パソコンのディスプレイ画面の掃除に最適なものはダイソーで簡単に手に入る「メガネクリーナー」という内容でした。

まとめると、

・MacBookのディスプレイは特定のアルコール除菌を使用できる
・ダイソーのメガネクリーナーが最適
・よごれを落として拭き跡が残らない
・100円で30枚というコスパの良さ

これが何よりおすすめする理由です。

僕の持っているMacBook Proでの検証なので他のパソコンでは、アルコールやエタノール消毒液は一般的にディスプレイのコーティングに悪影響があることもあるので、

パソコンの仕様を確認してから利用してみてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

ポチ
ポチ
この記事が良いと思ったら、ポチっ!してくれると嬉しいです!

↓「ブログ村ランキング」参加中!
PVアクセスランキング にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です