iPhone・AirPods

サクサク集中できるエディタ、「Bearアプリ」機能と活用方法

MacやiPhoneでブログ書く際に使いやすいエディタアプリないかな?

そんな疑問にお勧めしたいエディタアプリはテキストエディタ「Bear」です。

この記事ではテキストエディタ「Bear」アプリについて、まとめていきたいと思います。

□テキストエディタ「Bear」アプリってなに?
□「Bear」アプリ 機能を紹介
□「Bear」アプリ 便利な活用4選

エディタアプリ「Bear」とは?

エディタアプリ「Bear」は、素早い整理機能・編集ツール・エクスポート機能を備えてたエディタアプリです。

Markdownに対応しているので、メモからタスク整理、ブログ下書きまで、さまざまなシーンで使用できます。

ポチ
ポチ
僕もこの記事を「Bear」アプリを使って下書きしてます。

実際に使っている感想としては、シンプルで思いっきり使いやすいのに、機能はそこまで多くない感じの印象です。

Appleストアでアプリをインストールできます。

→Bear – プライベートメモ

「Bear」アプリは、無料でも有料でもどちらでも使いやすい

「Bear」アプリは、無料でも有料でもどちらでも利用することができます。

無料はインストールしてからすぐに利用できるようになり、有料はインストールしてから「環境設定」「Bear Pro」で課金することができます。

料金は下記の通りです。

・1 ヶ月ごと  ¥150
・1年ごと ¥1,500

ポチ
ポチ
1年単位の方が300円お得に利用できるよ!

1年間更新だと、1ヶ月換算で125円なので安価な値段ではないでしょうか。

「しかしそれは、機能をみなければ何とも言えない。」

と思うので次から無料と有料でそれぞれ出来ることを見ていきたいと思います。

「Bear」アプリ:無料と有料でそれぞれの機能を紹介

ざっと下記に無料と有料でできること比較してみました。

★無料版で出来ること
・Markdown記法
・画像挿入
・タグ管理
・ピン留め
・作成テキストの情報が見れる
・ToDoリストで活用できる

★Pro版でこの項目が追加
・複数デバイスで同期(iCloudで同期)
・ノートのエクスポート
・ノートへのパスワード設定
・テーマの追加

こんな感じの機能があります、では詳しく見ていきたいと思います。

無理版でも、テキスト作業は多機能だと思いますが、Pro版だと更に「複数デバイスの同期」「エクスポート」など利便性を追加出来る様になります。

僕の場合を例にあげると、

「ブログ活動はiPhoneで下書き→Macで編集、装飾」

という工程で作業をするので利便性を課金で買ってるイメージで快適に利用できています。

【bearアプリ】ブログ利用でおすすめの活用方法

それでは実際に僕自身がブログ利用でよく使う bearアプリのおすすめ活用法を4つ紹介します。

・画像挿入が簡単に出来る

・本文を各フォーマット形式にコピーして貼り付けることができる

・文章のバックアップ(エクスポート)が各フォーマット形式で可能

・ オフラインでもエディタを利用できる

個人的なおすすめなので、他にも様々な活用法があると思いますが、それぞれ見ていきます。

画像挿入が簡単にできる

「Bear」はエディタにショートカットで画像を挿入することができます。

食レポ記事やブログカスタマイズ説明記事などは、画像ないまま下書きすると、なに説明してるのかわけわからん状態でした。笑

この機能があるおかげでかなり記事作りがスムーズになりました。

ファインダー内の画像データを選択して貼り付けます。

タグ機能で項目を管理できる

タグ機能で項目を管理できます。

反映されると、○で囲われて、左にタグが追加されます。

反映されない場合は、英数のままで単語をすると、「囲い」が出てきます。

Markdown記法に対応

「Bear」はMarkdown記法に対応しています。

Markdown記法は、パソコンに文字をつくときの特殊な記法で、♯などを使い見出しやブロック、表などを作成することができます。

ポチ
ポチ
慣れればとっても記事作成が楽になるよ!

ワードプレスの場合は、グーテンベルはMarkdown記法に一部対応していますが、クラシックエディタの場合は、プラグインを入れて対応する必要があります。

また、はてなブログはMarkdown記法に対応きたMarkdownモードがあります。

ポチ
ポチ
はてなブログで書いてた時はMarkdown記法で良く書いてたよ!

どっちが良いということは無いと思います。(慣れた方で書けばOK)

エディタがMarkdownに対応してるのは作業が捗ること間違えなしなので便利です。

Markdown記法の詳しい記事は下記をご覧ください。(はてなブログ向けの記事ですが、「Markdown」チートシート一覧も貼っています。)

テキスト本文を各フォーマット形式にコピーして貼り付けることができる

ポチ
ポチ
シンプルだけど使えると、とっても便利な機能だよ!

フォーマット別でコピペして貼り付けることができます。

フォーマットは下記の形式が選択できます。

・マークダウン
・シンプルテキスト
・リッチテキスト
・HTML

を選択できます。

それぞれのフォーマット形式を見ていきます。

・マークダウン

・シンプル

・リッチ

・HTML

僕の活用方法は、 Bearで下書きして、ワードプレスにジェットパックプラグインを入れて、Markdownをオンにする設定をしてからマークダウン指定で下書きをコピペして貼り付けています。

ビジュアルエディタからMarkdown記号の部分をスペースすれば見出しを反映することができます。

テキストのバックアップ(エクスポート)が各フォーマット形式で可能

これはPro版のみ使用できます。

エディタ内の文章をデバイスにバックアップすることも可能です。

PDFやHTMLのフォーマットを指定することも出来るので便利ですね。

選択できるフォーマットの種類

・MD
・PDF
・HTML
・DOCX
・JPG
・RTF

オフラインでもエディタを利用できる

Bearはエディタをオフラインでも利用できます。

ポチ
ポチ
いつでもどこでもサクッと下書きを書きたい時なんかに便利!

僕は良くこの機能を使って通勤の電車や帰りのカフェなどで下書きをしています。

Proにすればネットに繋がれば、Macとの同期もできるので直ぐにワードプレスに反映することも出来ます。

無料と有料どっちが良いの?

用途にもよりますがブログで利用するなら個人的に有料がオススメです。

年間1,500円で利用できてこのスペックは控えめに言ってコスパは良いと思います。

特にオフライン保存と、デバイスの同期機能、フォーマット指定のコピペ機能もとっても便利です。

もちろん、無料でもある程度の作業はできますけど、無料なら既存のメモアプリでも良いと思います。

(iPhoneのメモアプリは超絶便利です。)

あとは、無料ならデバイス感の同期が2台まで無料にできるEvernoteも使いやすいですよ。

表も作れるしのではてなブログの場合はとっても便利です。

ポチ
ポチ
はてなブログではデフォでEvernoteと同期できる機能があるよ!

まとめ

Bearの便利な使い方について見ていきました。

正直ワードプレスのエディタは使いやすいのでPC作業をメインでブログを書く人はエディタアプリは要らないかもです。

しかし、僕のようにスキマ時間にコツコツと下書きを進めたい人でiPhone、Macユーザーの人は是非とも使って欲しいアプリですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

ポチ
ポチ
この記事が良いと思ったら、ポチっ!してくれると嬉しいです!

↓「ブログ村ランキング」参加中!
PVアクセスランキング にほんブログ村