Mac

【Macで職務経歴書】pages作成テンプレとPDF保存方法

当サイトにお越しいただきありがとうございます。ブログ運営者のポチです。

最近は職務経歴書をパソコンで書く人も多くなっています。

この記事では、Macアプリ「pages」を使った職務経歴書の作成とプリントアウト・PDFファイルでの保存方法を見ていきます。

結論、「pages」にある履歴書のテンプレを使えば簡単に作成することができます。

Macをメインで使っている人は、職務経歴書を作成の仕方がイマイチわからないという人もいるのではないでしょうか?

実は「pages」を使えば直感的にテンプレートを使って職務経歴書を作成することができるんですね。

Macをメインに使っている人で履歴・職務経歴書を作成したい人は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事の信用性

2019年4月から「コスパ・お得」をテーマに発信している当サイト「さんログ」を運営、収入は月収4桁、月間平均36000PVの雑記ブロガーです。

この記事でわかること

・Macアプリ「pages」を使った職務経歴書の作成・印刷方法
・PDFファイルで保存する方法

Macの標準アプリ「pages」とは?

f:id:sanrisesansan:20200724220754j:plain

「Pages」とはアップルが開発しているmacOS・iOS用の文書アプリです。

マイクロソフトが開発している「Office」のwordソフトのアップル版みたいなものですね。

テンプレートも多彩で、

空白の基本

f:id:sanrisesansan:20200721230132j:plain

レポート

f:id:sanrisesansan:20200721230137j:plain

履歴書・職務経歴書

f:id:sanrisesansan:20200721230140j:plain

チラシとポスター

f:id:sanrisesansan:20200721230143j:plain

カード

f:id:sanrisesansan:20200721230147j:plain

名刺

f:id:sanrisesansan:20200721230151j:plain

などこの他にも多くのテンプレートがあり、直感的に文書を作成することができます。

今回は「職務経歴書」をメインに作成方法を見ていきますが、履歴書もテンプレを元に書くことができます。

個人的に履歴書は手書き用紙に慣れてるので、作成していませんが下記では、「履歴書のテンプレ」を使用するので使い方は同じだと思います。

スポンサーリンク


「Pages」で職務経歴書作成する手順は4ステップです

では、職務経歴書を作成していきます。手順は4ステップです。

1.pagesを開く

2.テンプレを選択

3.文章を作成

4.プリントアウト

このような流れで作成していきます。それぞれ見ていきます。

基本的にMacでPagesを開き、テンプレを選んで文章を打ち込み、文字列などを編集して保存して完成です。

印刷はFAX機とコンビニのプリントですることができるので、思ったよりも簡単にできるんです。

ざっくりとした説明は上記ですが、次からは詳しい解説をしていきたいと思います。

【Pagesで職務経歴書作成する手順①】pagesを開く

手順

dockアイコン【LaunchPad】→【Pages】をクリック
f:id:sanrisesansan:20200724194706j:plain

表示させる画面の下にある「新規作成」をクリックします。

f:id:sanrisesansan:20200724194616j:plain

【Pagesで職務経歴書作成する手順②】テンプレを選択→「履歴書」

手順

【履歴書】にカーソルを合わせて「クラシック履歴書」を選択(お好みのがあればそれを選択)

f:id:sanrisesansan:20200724195256j:plain
f:id:sanrisesansan:20200724195412j:plain
はじめは、サンプルの文章が書かれている。

すると、上記の画面になるので、文章を作成していきます。

【Pagesで職務経歴書作成する手順③】文章を作成

このような感じで文章を作成していきます。↓

f:id:sanrisesansan:20200724195516j:plain

なお、今回は文章の書き方は省きます。

文章構成の書き方は、下のサイトを参考にしてみてください。

career-theory.net

ては、続けます。

フォーマットの編集は、横のツールバーで行うことができます。

f:id:sanrisesansan:20200724200931j:plain

ここで「文字フォント」「文字の大きさ」「テキストを揃える」などを編集することができます。

他にも様々な編集機能があるのですが、職務経歴書で使う機能はこのくらいだと思います。

あと使うのは「表」くらいだと思います。

表の使うには、画面上にあるバーの表アイコンをクリックすると表示されます。

f:id:sanrisesansan:20200724202424j:plain

このように簡単に作成できます。

また、サイドメニューから表の編集も感覚的にできます。

f:id:sanrisesansan:20200724202450j:plain
サイドバーで表のフォントや枠などを編集できる
f:id:sanrisesansan:20200724202458j:plain

中の文字フォントや枠内を塗りつぶすこともできたりと結構、いろいろできます。

文章ページを追加する方法

ページの追加は、自動で行います。

文章を書いていくと、次のテキストが自動で追加されるんですね。

なのでページの追加は特に意識しなくても大丈夫ですが、画面操作で追加することもできます。

手順

・画面左上の「ページを追加」をクリック

f:id:sanrisesansan:20200724203120j:plain

この時、必ず最後の文章にカーソルを合わせてから追加します。

f:id:sanrisesansan:20200724203511j:plain

これで、追加することができました。

【Pagesで職務経歴書作成する手順④】プリントアウト(印刷する)

職務経歴書の作成が終わったら、プリントアウトします。方法は主に2つあります。

・自宅などのプリンターを使う
・コンビニなどのプリントコピーを使う

環境に応じた印刷をすることが可能です。
それぞれ見ていきます。

自宅などのプリンターを使う方法

f:id:sanrisesansan:20200724204955j:plain

手順

【ファイル】→【プリント】をクリック
下の項目を設定します。
・プリンター
・部数
・ページ数
プリントする】→完了

なお、デフォルトではファイル形式が「PDF」になっています。

【PDF保存】コンビニなどのプリントコピーを使う方法

この場合は、コンビニなどのプリントコピー機などで印刷するためにファイル形式を「PDF」にする必要があります。

なぜPDFにするの?

企業のPCはWindowsが大半です。なので文書ソフトもOfficeのwor形式がまだまだ一般的です。しかし、近年は「PDF」形式で提出可能なものも多くなりました。また、「Pages」で作成した形式のままでは、反映されなかったり、読めなかったりもするので、PDF形式やWord形式に書き換える必要があるのです。

手順

【ファイル】→【書き出す】→pdf→最高画質→ファイル保存場所を指定→「書き出す」をクリック

f:id:sanrisesansan:20200724205718j:plain f:id:sanrisesansan:20200724205721j:plain

これでファインダーの指定した場所に保存されます。

この方法は自宅にプリンターがなかった時などに印刷したい時に役に立ちます。

実際に僕は自宅にプリンターないのでセブンイレブンでプリントアウトしています。

*セブンのプリンターで書き出す場合は専用アプリインストールが必要です。

 

以上でPagesで職務経歴書を作成することができます。

追加したページを削除する方法:「プレビュー」で削除する

ここでトラブル対処を一つ事例を挙げて見ていきます。

作成した職務経歴書をPDFファイルにできたのに、作成途中で調整して余白が出来てしまった時のページの消し方を紹介します。

こちらは、職務経歴書をPDFファイルで指定先に保存した後、

指定した保存先に「PDFファイル」をクリック→「プレビュー画面」にします。

f:id:sanrisesansan:20200724210624j:plain

【表示】→【サムネール】をクリックして文書を表示させる→余白を選択→画面上の【編集】がら削除をクリック

f:id:sanrisesansan:20200724211501p:plain

これで削除ができます。

普通にpagesを使ってると画面左上の「ページを追加」で追加して作業することが多いのではないでしょうか。

この場合、1ページ目とセッションが同じなので、pages内では余白単体の削除ができません。

なので、指定したファイル形式に保存後に「プレビュー」で削除するしかできません。

ポイント

「ページを追加」を使って普通に作業してると、1ページ目と「セッション」が同じになるため、余白の削除は「pages」内ではできない。

まとめ

まとめると、

・Macの標準アプリ「pages」は、「word」みたいなテキストアプリ
・職務履歴書はパソコンで作成すると修正などが楽で便利
・使用するテンプレは「履歴書」
・4ステップで簡単に作成できる
・プリントアウトはPDF形式で保存する

こんな感じです。

少し作業に慣れれば、あまりMacを使ってない人でも簡単に作成することができます。

手書きで書くより、楽で綺麗で修正も簡単なのでおすすめですよ。

ぜひ活用してみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

ポチ
ポチ
この記事が良いと思ったら、ポチっ!してくれると嬉しいです!

↓「ブログ村ランキング」参加中!
PVアクセスランキング にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です