二郎系

【立川で二郎系】ガッツリ濃いめ、「立川マシマシ」実食レビュー

立川で食べた二郎系ラーメンと珍しい「ライスメニュー」を提供する「立川マシマシ」の二郎系ラーメン実食レビューをしていきます。

一言でいえば、ラーメンのボリュームと味のパンチは今まで食べてきた「二郎系」の中でもトップクラスです。

新感覚のライスメニューも含めて見ていきたいと思います。

「立川マシマシ」店舗詳細

f:id:sanrisesansan:20201207211750j:plain

★横にスクロールできます(スマホのみ)

店名
立川マシマシ
住所
〒190-0022 東京都立川市錦町1丁目2−16 立川アーバンホテル 1F らーめん たま館内
営業時間
土曜日 11:00~15:00、17:00~23:00
日曜日 11:00~23:00
定休日
基本無休
電話番号
042-512-8863

「二郎系ラーメンを名古屋に。」

というコンセプトのお店である「立川マシマシ」は、豚骨ベースの醤油スープにたっぷりの背脂とかなりの肉厚なチャーシューが魅力の二郎系ラーメンです。

また、他のお店にない飯メニューの「マシライス」がある珍しいメニューのあるお店でもあります。

注文は食券制です。

f:id:sanrisesansan:20201207212715j:plain

館内には、他にもラーメン屋さんがあり、手前には「立川マシマシ」試食館というお店があるのですが、本店は奥にあります。

早速食券を買って、ラーメンを待つことにします。

f:id:sanrisesansan:20201207213006j:plain

どんな味のラーメンが出てくるのか楽しみですね。

【実食レビュー①】「立川マシマシ」の二郎系ラーメン

今回の注文内容は、「ラーメン(小)豚マシ」。

あと、ここでしか食べられないメニュー「マシライス」も一緒に注文しました。

コールはヤサイアブラマシ。

f:id:sanrisesansan:20201207213021j:plain

ニンニクは卓上のものを使います。

トッピングは卓上に書いてあるので、初めて二郎系ラーメンを食べる人も安心です。

早速、着丼です。

f:id:sanrisesansan:20201207204809j:plain
ラーメン(小)豚マシ 1200円

視覚効果でかなりの飯テロラーメンです。

f:id:sanrisesansan:20201207211652j:plain

特にインパクト大の「豚」が旨そうで仕方がない。

ポチ
ポチ
では、ラーメンから食べて行きます。

【スープ】非乳化な濃いめの味わい

f:id:sanrisesansan:20201207205301j:plain

非乳化スープで味わいは二郎系ラーメン特有のパンチが効いています。

というよりもかなり濃いめのガッツリした味です。

今までの二郎系の中でもかなりジャンクな味わいですね。

【野菜】シャキシャキ食感

f:id:sanrisesansan:20201207205617j:plain

無料トッピングで「野菜マシ」にしてあるのですが、天井のマシマシがあるのでまだマイルドな盛り方です。

それでもインパクトは抜群ですね。シャキシャキ食感で豚との相性も抜群です。

f:id:sanrisesansan:20201207205711j:plain

上に乗ってるアブラと一緒に食べ進めると旨さも倍増です。

【豚】かなり味がしみてて美味!

f:id:sanrisesansan:20201207205819j:plain

見た目から旨さが溢れ出てるほどの豚チャーシュー。

食べると、ホロホロした食感に肉質を感じさせます。

f:id:sanrisesansan:20201207205957j:plain

味は濃いめで個人的に好みの味わい。分厚く切られているのも◎ですね。

【麺】太麺でモチモチだけど、二郎系の中では細め?

f:id:sanrisesansan:20201207210140j:plain
天地返しはしっかりとして食す

ある程度、上に載せてある野菜と豚を食べたら、自家製麺の登場です。

二郎にしては少し細めな太麺ですね。

モチモチの食感にスープの旨みと絡まり当然のように美味しい。

量は小で200gとそこそこあります。

【トッピング】生たまごとアブラの最強タッグ

麺を消化していき、トッピングもオーダーします。今回は「生たまご」と「アブラ」をそれぞれ追加しました。

f:id:sanrisesansan:20201207210723j:plain
生たまご 50円
f:id:sanrisesansan:20201207210728j:plain
アブラ 100円

このコンビは二郎系ラーメンの最強タッグとも言える(勝手に言っているw)王道トッピングです。

とはいえ、両方揃っているお店も多くはなく、あるとテンションが一気にあがります。

ということで、「生たまご」からすき焼き風にして食べていきます。

f:id:sanrisesansan:20201207211133j:plain

モチモチの太麺が絡んで、やっぱり美味しいです。いつもながらこのトッピングにはほんとにお世話になっています。つづいて、アブラ。

f:id:sanrisesansan:20201207211258j:plain

二郎系の「アブラ」トッピングは背脂に醤油(カラメ)ベースで味付けされています。

ただでさえガツンとした麺をさらにパンチの効いた味に変えるまさにキングオブジャンクです。

「生たまご」と「アブラ」を両方つけて食べるのもかなり美味なんです。

【実食レビュー②】背脂ライス「マシライス」

f:id:sanrisesansan:20201207212047j:plain

続いて、立川マシマシで食べられる名物メニューマシライスを実食レビューしていきます。

ちなみにこのマシライスですが、通常のマシライスのほかに、

・デラックスマシライス
・エクストラバージンマシライス
・暴君セット

なども斬新でめネームだけでもすごそうなメニューがあります。

しかし、初めてということで通常の「マシライス」を注文します。

f:id:sanrisesansan:20201207204546j:plain
マシライス 750円

ライスは無料で「普通・マシ・マシマシ」と選べますが、今回は「マシ」をチョイス。

こんもり盛られたライスの周りには背脂そぼろがカレーソースのようにかかっています。

f:id:sanrisesansan:20201207204635j:plain

食べてみると、なるほど、二郎のアブラとはまた違った味わいで、よりライスと合うように味

付けされているようです。

「マシライス」:背脂とそぼろがよく合う

f:id:sanrisesansan:20201207204347j:plain

背脂肉そぼろがライスととにかくよく合い、ガツガツ食べれます。

「マシライス」:こってりだけど、食べやすい味

背脂がとにかくすごいので、胃もたれしないか心配な感じてはありますが、味自体はラーメンよりもパンチは控えめです。

二郎初心者の人でも安心して食べられるくらいの万人受けする感じですかね。

ちなみに一緒についてるスープはしょっぱめです。笑

「マシライス」:ボリュームは選べる

f:id:sanrisesansan:20201207204150j:plain

ライスの量でボリュームを調節できるのは良いですよね。

マシでもそこそこの量はありますが、お腹減ってる女性でも一人前食べれるくらいの量だと思います。

マシマシはかなり量多めな予感がしますが。笑

f:id:sanrisesansan:20201207204058j:plain

こちらも完食で2食とも美味しくいただきました。ご馳走さまでした。

 評価:10段階

*個人的な感想をわかりやすく10段階で表しています。

スープ
★★★★★★☆☆☆☆ 6
★★★★★★☆☆☆☆ 6
★★★★★★★★☆☆ 8
★★★★★★★☆☆☆ 7
コスパ
★★★★★★☆☆☆☆ 6
マシライス
★★★★★★★☆☆☆ 7

総評 7

全体的に、とにかく濃いめな味でした。

二郎系の中でも、かなりガッツリ系の部類に入るのではないでしょうか。

アブラも豚もマシにするとすごい量になるので、注文の際は食べられる範囲で挑むのが良さそうです。

斬新なメニューの「マシライス」は背脂そぼろたっぷりですが、そこまでのパンチはなく、誰でも食べやすいメニューになっています。

ポチ
ポチ
二郎系が好きな人はラーメン一択な気がします。

場所詳細

立川駅から徒歩7分くらいのところにあります。

他にもラーメン屋が並ぶラーメンたま館の中に入っています。

手前と奥がありますが、今回は奥で食べました。

立川マシマシ

まとめ

味が濃いめの二郎系ラーメンと斬新な背脂ライスが食べられる「立川マシマシ」。

個人的には豚チャーシューが特に美味しいので、「ラーメン豚マシ」は食べみる価値ありです。

「マシライス」はメディアでも取り上げられて話題になっていたようで、味わいも、クセがなく食べやすい一品でした。

ぜひ、立川に寄った際は食べて見てはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

ポチ
ポチ
この記事が良いと思ったら、ポチっ!してくれると嬉しいです!

↓「ブログ村ランキング」参加中!
PVアクセスランキング にほんブログ村