カップ麺・インスタント麺

【味噌味】簡単アレンジ!煮込みラーメンをいろんな具で食べてみた

永谷園から発売されている「煮込みラーメン」って食べたことありますか?

もう15年以上前から発売されていて、冬の寒い時期に食べたくなる一品です。

最近、また少し見かけるようになったので、調べてみたところ、ネットやSNSで賛否両論な意見の商品な様子。

それなら、実際作って食べてみようということで、今回「煮込みラーメン味噌味」を実食してみてレビューしていきたいと思います。

食べてみたいけど、実際どうなの?と迷っている方の参考になれば幸いです。

永谷園「煮込みラーメン」って何?

f:id:sanrisesansan:20210213215321j:plain

「煮込みラーメン」シリーズは永谷園から17年販売しているロングセラー商品です。

商品名
煮込みラーメン(味噌味)
価格
368円(希望小売り価格)
カロリー
426kcal
容量
154g(2人前)
メーカー
永谷園

鍋で作るインスタントラーメンということがコンセプトになっていまして、野菜やお肉をたんまり入れて食べるスタイルです。

原材料名(味噌味)

めん(小麦粉(国内製造)、小麦たん白、食塩、卵白粉、植物油脂、卵黄粉/かんすい、カロチノイド色素、(一部に卵・小麦を含む))、 調味ソース(米みそ、醤油、食塩、ラード、にんにく、生姜、ポークエキス、豆みそ、豆板醤、植物油脂、酵母エキス、糖類/調味料(アミノ酸等)、酒精、糊料(キサンタン)、(一部に小麦・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む))

最近は、自宅でのご飯も多くなり最注目されてると言った感じ。

味は4種類あります。

○しょうゆ

○味噌

○ちゃんぽん

○ちゃんこ

量は2人前が2回分と、まさに家族で美味しく楽しめるようになっているのも魅力的です。

麺は袋に1つなのでそこまでよボリューム はなさそうですが、一回の水が700cc必要なのでこれが2人前って感じです。

「煮込みラーメン」の美味しい作り方

作り方は下の通りです。

f:id:sanrisesansan:20210213215242j:plain

パッケージにわかりやすく書いてあるので、作り方も迷いません。

①お湯を沸かす

②肉→麺→野菜の順でいれる(4分)

③スープを入れて煮込む(3分)

完成

このように簡単にできます。一応詳しく見てきます。

①お湯を沸かす

f:id:sanrisesansan:20210213215352j:plain

1回分は700ccの水を用意します。

鍋に入れて沸騰させます。

②肉→麺→野菜の順でいれる

f:id:sanrisesansan:20210213215434j:plain

沸騰したら、肉→麺→野菜の順番で具を入れていきます。

野菜などはお好みでOKです。

そのあと蓋をして4分煮込みます。

③スープを入れて煮込む

f:id:sanrisesansan:20210213215449j:plain

4分たったら、蓋をとり麺をほぐします。そして、付属のスープを入れて更に3分煮込んで完成です。

このようにとても簡単にできます。

インスタント麺で、伸びないの?

f:id:sanrisesansan:20210213215737j:plain

ここで、

「インスタント麺なのにこんなに煮込んで麺は伸びないの?」

ってことが疑問になります。

実はこの麺は製法が特殊でして、煮込んでも伸びないように作られた煮込み専用の麺が使われています。

f:id:sanrisesansan:20210213215544j:plain

実際、煮込んでみると、どうなのかというと、たしかに7分(実際にはもう少し煮込んだ)にもかかわらず全然伸びていませんでした。

【実食レビュー】煮込みラーメンにいろんな具でアレンジ!【味噌味】

今回は、味噌味をレビューしていきます。

入れた具は下記の通りです。

○キャベツ

○まいたけ

○もやし

○牛肉(あとのせ)

○コーン(あとのせ)

○バター(あとのせ)

キャベツ、まいたけ、もやしは麺の後に鍋に入れます。

f:id:sanrisesansan:20210213215409j:plain

牛肉はコンビニで調理済みを調達しました。これをあとのせでのせていきます。

f:id:sanrisesansan:20210213215911j:plain
f:id:sanrisesansan:20210213215915j:plain

コーン、バターは味噌ラーメンに合わせたかったので、これもあとのせします。

f:id:sanrisesansan:20210213215933j:plain
f:id:sanrisesansan:20210213215927j:plain

先に具を作っておいて、後のせにしても美味しいと思います。

これで完成です。

f:id:sanrisesansan:20210213215941j:plain

美味しそうですよね。

早速、食べてレビューしていきたいと思います。

全体としては、鍋の容器にいれてることもあり、鍋ラーメンって感じです。

とっても美味しそう。では、いただきます。

【スープ】あっさりテイストでも、コクはバッチリ

f:id:sanrisesansan:20210213221336j:plain

みそ味のスープですが、あっさりしたテイストです。

野菜も入ってるので水分多いかなと思ったのですが、全く薄くなっていないのはさすが永谷園さん。

しかも、煮込む野菜やお肉によって風味も変わるのもグッド。

【麺】もちもち食感で煮てもしっかりコシが続く

f:id:sanrisesansan:20210213221416j:plain

麺はモチモチした食感の細麺ストレートです。

スープの味に馴染むような控えめなスタイル。

f:id:sanrisesansan:20210213221513j:plain

コシはそこそこですが、先述した様に煮込んでも伸びにくいので、すすり心地は最後まであります。

【具】煮込むことで発揮される野菜の旨味が最高

f:id:sanrisesansan:20210213221531j:plain

今回は、味噌ラーメン用に具をアレンジしてみましたが、キャベツよもやしはとても鍋っぽくなって美味しいです。

f:id:sanrisesansan:20210213221537j:plain

お肉は後のせしてますが、先に煮込んだほうがスープに味が出ると思います。

f:id:sanrisesansan:20210213221600j:plain

個人的にコーンとバターは、かなり良いアレンジでして、

f:id:sanrisesansan:20210213221618j:plain

味噌スープとあいまって、コクが出て美味しかったです。

ちょい足しアレンジのおすすめは?

ちょい足しアレンジは「一味」と「ごま油」がおすすめです。

一味は定番ですが、ピリッとアクセントが生まれます。

f:id:sanrisesansan:20210213221641j:plain

ごま油は上からチョロっとかける程度でも全然味の印象がかわります。

f:id:sanrisesansan:20210213221638j:plain

パンチが欲しい時におすすめです。

f:id:sanrisesansan:20210213221715j:plain

ということで、完食です。ご馳走さまでした。

実食した感想と評価

食べた感想ですが、自宅で手軽に出来て、野菜もモリモリ取れて味もしっかり美味しいラーメンでした。

インスタント麺ですが、普通のものとはまた違うしっかりとした食感ですし、

煮込むことにより、具の味わいがしっかりと出るのがなによりの特徴では無いでしょうか。

値段に関しては、少し高いかなと感じますが、2人前1個と考えて1食2人で約70円+具代って感じですかね。

量でいえば成人男性(筆者)で2人前1個で満腹になるくらいでした。

まとめ

まとめると、

○手軽で本格的な煮込みラーメン

○入れる具によって味わいも変わる

○家族や友人はもちろん、1人鍋でも満足な量

こんな感じです。

自宅にいる機会が多いこの時代に、手軽に本格的なラーメンを食べれるのでおすすめです。

スーパーやコンビニでサクッと帰るので見かけたら是非食べてみてください。

★「永谷園 煮込みラーメン」はネットでも購入できます。忙しい方やお近くにスーパーなどがない方は下から注文できますので活用ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

★関連記事→【豚園 背脂醤油豚ニンニク】王道トッピング3選!コンビニの二郎系レビュー – さんログ

ポチ
ポチ
この記事が良いと思ったら、ポチっ!してくれると嬉しいです!

↓「ブログ村ランキング」参加中!
PVアクセスランキング にほんブログ村