ワイモバイル

【ワイモバイル】メリットとデメリット、3年間の利用で感じたことレビュー

僕はワイモバイルを3年間、使い続けています。

安定した電波と速度でありながらも月額料金もリーズナブルなところが使い続けている理由です。

ということで、この記事で、ワイモバイルを3年間使ってみて感じたメリットとデメリットをまとめました。

これは生活環境やWi-Fi環境で違うと思いますが、実際の速度や料金的な面ではどうなのかなどを紹介します。
この記事はこんな人におすすめ

・ワイモバイルと格安SIMの違いを知りたい
・実際の通信速度を知りたい
・デメリットを知りたい

ワイモバイルって何?魅力は安さと速度

ワイモバイルとはソフトバンク回線を安く使えるモバイル通信サービスです。

 

ソフトバンクの自社回線を使ってのサービスなのでソフトバンクの別ラインブランドと言っても良いでしょう。

 

特徴は下記のようなものがあり、

・格安SIMよりも通信速度が早い
・キャリア回線よりも料金が安い

という2点が挙げられます。

 

大手キャリアが平均の使用料金8,000円〜9,000円かかる中、ワイモバイルは1,000〜4,000円程度の料金プランで、比較的に低価格で提供しています。

 

速度や安定性に関しても先述していますが、ソフトバンク回線が使われているので特に遅かったりしないのが特徴です。

ワイモバイルと格安SIMの違い

ここで少し、ワイモバイルと格安SIM(MVNO)の違いを書いていきます。

 

簡単にいえば、ソフトバンク回線から直接利用していいるか、MVNOを経由して使われているかの違いですが、実際はどんな違いがあるのか下記に載せていきます。
ワイモバイル
シンプルな料金プラン
音声通話付き
そこまで安くない
(三大キャリアよりは安い)
速度が快適で安定感も良い
端末も一緒に購入できる
店舗がある
格安SIM
細かくギガが選べる(1GB〜)
速度が遅い
(会社による)
料金が安い
データのみプランがある
SIMカードという概念なので、端末を持っているのが基本
SIMカードには種類がある
店舗がないところも多い
基本は自分で初期設定

 

このような違いがでてきます。

 

「とにかく安く済ませたい」、「自分で端末を持っている」場合などは格安SIMの方が月々の料金は安くなります。
一方、ワイモバイルは「通信速度が気になる」、「ある程度の費用なら出せる」ようなユーザーにおすすめです。

【3年間使用】ワイモバイルの6つのメリット

さっそくメリットを見ていきましょう。

内容は下記になります。

・速度が速くて安定している

・10分かけ放題と+1000円で完全かけ放題がついてくる

・シェアプランが使いやすい

・テザリングが速くて便利

・ソフトバンク回線を契約していればおうち光割で安くなる

・ヤフーショッピングやPayPayはユーザーはお得になる(地味に便利)

それぞれ詳しく解説します。

速度が速くて安定している

場所によるかもですが、速度が早く、電波も安定している点はメリットだと感じます。

一部、地下鉄などは電波は途切れることもありますが、料金帯が近い格安SIMと比べても速度は速いかなと思います。

実際に速度がどのくらい速いの気になったので、山手線沿線で速度の比較をしてみました。
あくまで自身の端末(もう一つは相手の端末)での比較なので参考程度にみてください。
*比較はワイモバイル契約のiPhone7とドコモ契約のiPhoneXsです。
ワイモバイル
(下りMbps)
ドコモ
(下りMbps)
池袋
140
90
大塚
13
71
巣鴨
42
16
駒込
52
26
田端
22
73
西日暮里
40
118
日暮里
22
37
鶯谷
44
127
上野
26
29
御徒町
19
31
秋葉原
42
37
神田
25
54
東京
19
11
有楽町
37
12
新橋
17
42
浜松町
65
75
田町
118
133
高輪ゲートウェイ
30
96
品川
89
34
大崎
30
42
五反田
28
59
目黒
42
171
恵比寿
12
60
渋谷
16
37
原宿
6
44
代々木
8
22
新宿
33
31
新大久保
22
33
高田馬場
23
15
目白
20
196
平均
32
61

 

*池袋〜田町間は平日の昼13時前後で計測し、高輪ゲートウェイ〜目白間は平日夜19時前後で計測しました。
ポチ
ポチ
平均30Mbps出てる速度結果になったよ。
YouTubeの動画視聴が「5Mbps」で「720HD動画」を問題なく視聴できます。
なので、動画やSNSなどの一般的な利用ではスマホのギガ数は10Mbps程度あれば問題ないです。

10分かけ放題が付き+1000円で完全かけ放題が付けられる

ワイモバイルのプランには、どの料金プランにも10分間かけ放題がついています。
ポチ
ポチ
仕事で相手先に電話したい時などLINEで通話できない時に便利。

 

また、格安SIMでは珍しく完全かけ放題プランもありまして、この「スーパーだれとでも定額」は+1,000円(ケータイプランだと1,500円)でつけることができます。
格安スマホでの完全かけ放題はかなり少なく、その中で完全かけ放題料金は1,000円は控えめに言っても安いです。

★追記↓

2021年2月の料金改正により、「10分間無料かけ放題」は有料オプション(月額770円税込)になりました。

シェアプランの利用ができる

ワイモバイルにはシェアプランがあり、今利用しているデータをUSIMカード(ユニバーサルSIMカード)を使って、他の端末に分け合うことができます。
f:id:sanrisesansan:20200403223330p:plain
このとき、分けた端末では、音声通話が使えませんが、タブレットを利用したい時や通信用にもう一台欲しい時には便利です。
利用にはSプラン980円、Mプラン490円、Lプランは無料で利用できます。

→シェアプランの詳細を公式サイトで見る

★追記↓

2021年2月の料金改正で、利用内容が拡大してます。詳しくは上記の公式サイトで確認できます。

テザリングが速くて便利

ワイモバイルではプラン次第でテザリングオプションに無料で加入することができます。

 

デザリングとは、テザリングとは、スマホで使用しているデータ通信をPC、タブレット、ゲーム機など他のデバイスに接続して利用することができる機能のことです。

→テザリングの詳細を公式サイトで見る

★追記↓

2021年2月の料金改正で、利用内容が拡大してます。詳しくは上記の公式サイトで確認できます。

「おうち割 光セット」/「家族割」で料金が安くなる

「おうち割 光セット」はソフトバンクの光回線、ソフトバンクエアー、モバレコエアーを契約していると申し込みができます。

「家族割」も同様の割引額になりますが適用されるとスマホの月額料金が割引されます。

ワイモバイルを使っていて、ソフトバンク光orソフトバンクエアー(モバレコエアー)を申し込むと500円の割引になるので、同時利用がお得です。
★追記↓
2021年5月の料金改正により、割引内容が変更しています。詳しく下記の通りです。
プラン割引
シンプルS~L共通-1,188円

ヤフーショッピングやPayPayがお得に利用できる

Enjoyパック(月額550円税込)というオプションに加入する必要がありますが、ヤフーショッピングやPayPayをお得に利用できるようになります。
Enjoyパックとは、Yahoo!プレミアム会員に加入できて、他にも特典が付いてくるオプションです。
下記のような特典が付きます。

 

・Yahoo!プレミアム会員に加入、ヤフージョッピングなどの還元ボーナスが10%になる。
・ヤフーショッピングで使える(期間は1ヶ月)500円クーポン毎月もらえる。
・毎月0.5GBが付いてくる。
通常でプレミアム会員は月額508円(税込)なので、Yahoo!ショッピングを頻繁に利用する人にはお得な内容となります。

使ってわかった!ワイモバイルの3つのデメリット

それではデメリットもまとめていきます。 使っていて感じたのは3点でした。

 

・料金プランがそこまで安くない
・iPhoneの最新機種がない
・大容量のデータプランなし

それぞれ見ていきます。

料金プランがそこまで安くない

3大キャリアに比べたら料金プランは安いですが、格安SIMと比べたらそこまで安いとは言えません。
というのも他の格安SIM「1Gプラン」や「音声通話がないプラン」などを選べる会社もあり、プランの種類も多いので自分に合った内容で安くすることができます。
★追記↓
2021年2月の料金改正により、月額料金の値下げと音声通話のオプション化がされました。

iPhoneの最新機種がない

購入できるiPhone端末は格安SIM業界でiPhone7が最新でして、現行最新モデルのiPhone 11やiPhone 11Proなどは現在取扱いがありせん。
最新モデルのiPhoneを使いたい場合は、端末を購入するか、現在持っているもの(MNP)で、ワイモバイル でSIMカードを契約して使う方法があります。

→公式サイトで確認する

★追記
2020年9月11日より、iPhone7、8のホームボタンモデルで低価格帯で発売され話題になった「iPhone SE」がワイモバイルで発売されました。

 

 iPhone 11 Proと同じA13 Bionicチップを搭載しているのも魅的です。(メモリはiPhoneXRと同じ)

→iPhoneSEの詳細を公式サイトで見る

★追記2↓
2021年に、iPhone12/iPhone12miniが発売されました。

→iPhone12を公式サイトで調べる

大容量のデータプランなし

ワイモバイルにはにキャリア回線のような大容量プラン(無制限プラン)がありません。

 

ご自宅にWi-Fiがない場合でYouTubeなどをよくみたりゲームをするのであれば厳しいところですね。
大容量を利用したい場合は、光回線を引ける場合は回線を引くのが良いです。
しかし外でも使いたい場合はポケットWiFiやモバイルWi-Fiを併合して使うことで容量不足を補えます。

こんな人がワイモバイルがおすすめ

ワイモバイルはこんな人におすすめです。
・高速で安定してて、しかもスマホ代を安くしたい人
・自宅にネット回線を引いていて、大量のギガ数を必要としない人
・モバイルWi-FiやポケットWi-Fiを使っていて、外でも中でも快適にWi-Fi使える人
・最新の機種でなくでも良い人(機種を同時に購入する場合)
・ヤフーショッピングやPayPayを頻繁に使う人(オプション加入が必要なのが少しネック、、。)
これらに該当する人は結構使いやすいんじゃないかと思います。
ワイモバイルの最大の特徴は、通信速度が早くて、キャリア回線よりも安いという所が魅力なんです。
なので速度も、料金も捨てがたいという場合には、ワイモバイルがちょうど良い選択枠になりそうですね。

まとめ

まとめると、
・ワイモバイルは速度と安さが魅力
・格安SIMの違いはソフトバンクが自営していること
・メリットは速度が速くて安定しており、料金がキャリアよりも安い
・デメリットは格安SIMよりも料金は高く、大容量のデータプランがない
・高速で安定してて、大量のギガ数を必要としない、しかもスマホ代を安くしたい人にはおすすすめ。
僕も3年間使っていて、速度も回線も全く問題なく利用しています。
キャリア回線が高いと感じていて、大容量もギガ数を必要としないプランをお探しの方は検討してみてはいかがでしょうか。

→ワイモバイルの公式サイトで調べる

最後まで読んでいただきありがとうございます。
ポチ
ポチ
この記事が良いと思ったら、ポチっ!してくれると嬉しいです!

↓「ブログ村ランキング」参加中!
PVアクセスランキング にほんブログ村