アドセンス

【ブログ初心者】アドセンス合格を目指すブログの作り方 6つのポイント

どうも、ブログ運営者のポチ(@sunrise_033)です。

うさぎ
うさぎ
Googleアドセンスの審査がなかなか通らない。アドセンス審査に特化したブログの作り方を教えてほしい。

そんな疑問にお答えします。

僕はアドセンス審査に臨むにあたり、アドセンス用のサイトを作りチャレンジしました。

結果は1発で審査に受かりました。

今回はその時に実践したアドセンス審査に特化したブログ構成のポイントをみていきたいと思います。

アドセンスに中々受からない方もこの記事を読めば受かるポイントがわかりますよ。

この記事の信用性

2019年4月から「コスパ・お得」をテーマに発信している当サイト「さんログ」を運営、月間平均36000PVの雑記ブロガーです。

アドセンス合格を目指すブログの作り方 6つのポイント

結論から先に書くと、アドセンス合格を目指すブログ構成のポイントは下記の6つです。

・独自ドメインを使用したサイトで審査
・ カテゴリに統一感がある
・読者にとって「価値のある内容」である
・誰が発信してるか明確にしている
・プライバシーポリシーを表示
・サイトマップを送信している

ポチ
ポチ
僕は、当時10ヶ月間21回アドセンス審査に申し込み落ちました。

そして、この6つを意識して1から新しくワードプレスでブログサイトを作りました。

結果は運営10日、12記事で1発合格しました。

ということて詳しくこの6つを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク



独自ドメインを使用したサイトで審査

独自ドメインを使用していないとアドセンスの申請が通らないと言われてます。

ポチ
ポチ
ここでは、もう少し踏み込みます。

初めから独自ドメインでサイトを運営した方が圧倒的にアドセンスは受かりやすいです。

ちなみにアドセンス審査に特化したサイトを作るのはワードプレスが望ましいです。

ワードプレスは独自ドメインを取得して運営しますからね。

WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』

ドメイン取るならお名前.com

サーバーレンタルは有料ですが、ブログ続けていれば収益でカバーできるようになります。

カテゴリに統一感がある

「カテゴリに統一感があるとアドセンス審査には有利。」

以前Twitterで知り合った方に言われたことがあります。

ここでの有利とは「ユーザーにわかりやすい」という点です。

ユーザーファーストで書かれてることはイコール価値のある内容になるのでこの点はしっかりと統一感を出したいもの。

ポチ
ポチ
特に雑記ブログで多く記事を投稿してる場合は統一感がなくなることもしばしば。

なのでブログ運営始めたらすぐにアドセンス取るくらいのスタンスで行く方が有利かもしれません。

読者にとって「価値のある内容」である

記事の内容も読者にとって「価値のある内容」でないと、Googleアドセンスは審査が不合格になることもあります。

Googleアドセンスは審査が不合格時に理由を親切に登録メールで教えてくれます。

ポチ
ポチ
メールで届く不合格画面には改善のためのヒントが掲載されていますよ!

特に多いと言われているのが、

・価値の低い広告枠
・複合されたコンテンツ
・コンテンツが存在しない

などです。

僕はこの3つで20回不合格になりました。笑

「価値の低い広告枠」で落ち続けるとほんとにもう心折れそうになります。笑

「価値の低い広告枠」でチェックするポイント

「価値の低い広告枠」でチェックするポイントはアドセンス公式サイトの

この3つの中にヒントがあります。

それぞれ見ていきます。

「WEBマスター向けの品質に関するガイドライン」のポイント

「WEBマスター向けの品質に関するガイドライン」では下記のように記されています。

サイトでは付加価値を提供するようにしてください。実質的に内容が重複している複数のページ、サブドメイン、ドメインを作成しないでください。

読者にとって付加価値のある内容を提供するように書かれています。

また、内容が重複しているページもNGになっていますね。

「質の高いサイトを作成するためのヒント」のポイント

「質の高いサイトを作成するためのヒント」ではこのように書かれています。

・サイトにアクセスおよび再訪したくなるコンテンツを掲載する
・ユーザーが期待する情報・サービスを提供する

競合ライバルと比べてどのくらい自分のサイトが価値やサービスが提供できているか。

キーワードで検索してくるユーザーの期待に応えているか。

といった内容が要求されます。

「質の高いサイトを作成するためのヒント パート2」のポイント

「質の高いサイトを作成するためのヒント パート2」にはこう書かれています。

・独自性と付加価値を持つコンテンツを用意する
・適切に整理され、情報量が豊富なコンテンツを用意する

独自性とは、実際の経験など他のサイトでは得られない類似しない情報を提供しているか?ということです。

同時に見やすい文章構成になっているか、足りない情報はないかなども審査の対象になります。

「誰」が発信してるか明確にしている

具体的にいうと、サイドバーにプロフィール、固定ページでプロフィール記事を作成するということです。

読んでるブログはどんな人が運営してるのかを明確しておくと読者に安心感を与えます。

ポチ
ポチ
専門的な仕事や技術の内容を記事にしているのであれば、プロフィールでそのキャリアを書けば個性をアピールできますよ。

誰がそのサイトを運営しているのか気になることもあります。

アドセンス審査以外でも作成して置いて損はないと思います。

プライバシーポリシー、免責事項、お問い合わせを表示

ブログ運営には、プライバシーポリシーと免責事項を表示することはほぼ必須です。

内容用途
プライバシーポリシー個人情報をどのように利用しているかを明記すること「Googleアドセンス」や「Googleアナリティクス」の規約に必須
免責事項「当ブログで紹介した商品の購入は、自己責任でお願いします」という要素アフィリエイトやブログに広告を入れている場合、特に重要

ワードプレスではテーマによってテンプレもあるのでそれを参考に作成すればOKです。

ポチ
ポチ
もう少し詳しく知りたい方は下記に参考リンク(外部リンク)を貼っておきますので調べてみてください。

【ブログに必須!】プライバシーポリシーと免責事項の書き方

サイトマップを送信している

サイトマップには2つあります。

・Google側に見てもらうサイトマップ(XML)
・読者側に見てもらうサイトマップ(HTML)

後に両方必要になってくるかと思いますので、この時期に2つとも作っておくと良いと思います。

ポチ
ポチ
「サイトマップってなにか?」は当ブログのサイトマップ(HTML)を下記に用意しておくので確認してみてください。

当ブログの「サイトマップ」はこちら

このようにHTMLのサイトマップは作成し記事として更新することができます。

2種類のサイトマップをワードプレスで作成する方法

ワードプレスでは、サイトマップ作成をプラブインですることができます。

・PS Auto Sitemap→HTMLサイトマップ
・XML Sitemaps→XMLサイトマップ

この2つのプラグインです。

ワードプレスでそろぞれプラグインをインストールして設定します。

ポチ
ポチ
設定方法は下記のそれぞれ僕が設定した時に参考にした「バズ部」さんのブログ記事(外部リンク)を貼っておきますね。

★HTMLサイトマップの設定方法↓

XMLサイトマップの設定は、Googleサーチコンソールに登録する必要があります。
Googleサーチコンソールの登録方法は下記記事を参考にしてみてください。(外部リンク)

アドセンス特化ブログはワードプレスの方が有利?

個人的な意見ですが、ワードプレスの方が有利だと思います。

現に僕自身も無料ブログのPro機能使ってドメイン取得して臨みました。

が、結果はさんざん。21回落ちました。

ワードプレスの有料テーマを使って上記のポイントを入れて新しいサイトを作ったら1発合格でしたからね。

ポチ
ポチ
思うにワードプレスのだいたいの有料テーマはデフォでもSEO対策してあります。

読者に見やすい構成になってるので、コード素人が手を加えなくても良い設計になっているのかなと思っています。

【初心者でも安心】たった10分で出来るWordPressブログの始め方

もう少し詳しい深掘りが下記記事に書いてありますので参考にどうぞ↓

まとめ

アドセンス合格を目指すブログ構成のポイントをまとめると、

・独自ドメインを使用したサイトで審査
・カテゴリに統一感がある
・読者にとって「価値のある内容」である
・誰が発信してるか明確にしている
・プライバシーポリシーを表示
・サイトマップを送信している

この6つになります。

アドセンス攻略には明確な答えはありますが、読者にできる限りの付加価値を与えることが最重要になります。

コツコツと合格への道を進んでいきましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

はてなブログでアドセンスに合格しなかった時の記事も書いています。

参考にしてみてください♪

 

ポチ
ポチ
この記事が良いと思ったら、ポチっ!してくれると嬉しいです!

↓「ブログ村ランキング」参加中!
PVアクセスランキング にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です