ワイモバイル

【2021年ワイモバイル】新旧料金プランの変更点を徹底比較!

「ワイモバイルの新プランは今までと何が違うの?変更点が知りたい!」
「結局、プラン改善でお得に使えるようになってるのかな?」

そんな疑問に、ワイモバイル使用して4年の筆者がお答えします。

当サイトにお越しいただきありがとうございます。

ブログ運営者のポチ(@sunrise_033)です。

今回はワイモバイルが新プランになり、

○なにが変更されたのか
○従来のものとどのくらいお得になったのか、

を徹底的に比較してみていきたいと思います。

この記事の信用性

2019年4月から「コスパ・お得」をテーマに発信している当サイト「さんログ」を運営、月間平均36000PVの雑記ブロガーです。

スポンサーリンク

【2021年ワイモバイル】新旧料金プランの変更点を徹底比較!

結論からいうと、 旧ワイモバイルプランとの違いは下記になります。

○基本の通信料金が安くなった

○毎月のギガ数が増えた

○無料通話にオプション料金が付くようになった

○契約縛りはなし

○ 5Gが対応になる

ポチ
ポチ
簡単にいうと、使える料金が安くなってギガ数が増えて、契約年数縛りが無くなったけど、10分の無料通話が付かなくなってオプションに依存するプランになったよ。

それぞれ詳しくみていきます。

基本の通信料金が安くなった、おうち割を組み合わせると月額990円から!

2021年の通信キャリアの料金改正で、ワイモバイルも大きな値下げをする方向に動きました。

そして2021年2月18日に新プランのサービスが開始されました。

内容はこちらです。

★横にスクロールできます(スマホのみ)

新プラン
値段
データ量
低速最大
通話オプション
シンプルS
2,178円(税込)
3GB
300Kbps
なし
シンプルM
3,278円(税込)
15GB
1Mbps
なし
シンプルL
4,158円(税込)
25GB
1Mbps
なし

★横にスクロールできます(スマホのみ)

従来のプラン
値段
データ量
低速最大
通話オプション
スマホベーシンクプランS
2,948円(税込)
3GB
300Kbps
含む
スマホベーシンクプランM
4,048円(税込)
10GB
1Mbps
含む
スマホベーシンクプランR
4,928円(税込)
20GB
1Mbps
含む

料金を比べると、一見して新プランの安さが際立ちます。

そして大きな特徴としては、ソフトバンクが提供する光回線がホームルーターを利用している場合、「おうち割 光セット」が組めるので最安値は「シンプルS」の料金プランで月額990円になります。

家族割引サービスも同じ割引です。

おうち割 光セット適用時の料金プラン

月額料金おうち割 光セット割引おうち割 光セット割引時の月額料金
シンプルS2,178円(税込)-1,188円割引990円(税込)
シンプルM3,278円(税込)-1,188円割引2,090円(税込)
シンプルL4,158円(税込)-1,188円割引2,970円(税込)

 

しかし、従来のプランと異なるのは、基本プランは通信料のみということです。

以前までは自動で10分通話無料オプションが組み込まれてましたが、新プランは追加のオプション770円(税込)で通話オプションをつける仕様に変更になりました。

この変更でメリットは、通話を全くしないユーザーは安く利用できるという点です。これがきっかけで、通信だけを利用したい新規ユーザーを取り込むこともできそうです。

毎月のギガ数が増えた

毎月の利用できるギガ数もプランによっては増えました。

新プラン
シンプルS
3GB
シンプルM
15G
シンプルL
25GB
旧プラン
スマホベーシックプランS
3GB
スマホベーシックプランM
10G
スマホベーシックプランR
20GB

最小プランである「シンプルS」は変わらないものの、シンプルM、Lは5GB分のデータGB数が増えています。

年々、画像や動画の画質の向上、SNSの多様化により多くのギガ数を使うようになっていますので、時代に配慮した仕様変更だと思います。

「10分無料通話」が追加オプションになった

これが1番の変更点だと感じたのですが、従来は料金に10分通話オプションが含まれていましたが、新プランになり10分通話オプションは無料ではなくなり、追加オプションになりました。

ポチ
ポチ
ワイモバイルの新料金プランはオプションで自分にあったプランにしやすくなったよ!

月額770円で追加することで国内電話が10分以内なら無料でかけることができます。

通話10分間無料オプションと合わせた料金はこちらです。

★横にスクロールできます(スマホのみ)

新プラン+通話オプションの料金
シンプルS+通話10分間無料オプション
2,948円(税込)
シンプルM+通話10分間無料オプション
4,048円税込)
シンプルL+通話10分間無料オプション
4,928円(税込)

正直、従来のプランとあまり変わらない料金帯になります。

その分、データ通信量が増えていますのでトータルはお得になっています。

契約縛りはなし

従来のプランに継続して、2年契約などのいわゆる「契約縛り」はありません。

なので、契約更新期間以外の解約(またはプラン変更)で違約金を取られるということもありません。

これは乗り換えを気軽にできるというメリットがあり、ライフスタイルの変化に臨機応変に対応できることにもつながりますよね。

ですが、機種変更をして端末料金を「割賦払い」にしている場合は、契約解除すると、端末料金を一括で支払うことになるので気をつけてくださいね。

「5G」が対応になる

新プランでは全て5G対応になります。

なので、現在5G対応のスマホを持っている方でも他社から乗り換えすることも可能になっています。

これに加えて、従来の「スマホベーシックプラン」も合わせて5G対応になっています。

(ただし、「スマホプラン」は未対応)

注意点としては、5Gは「5G対応スマホ」を利用しないと使えません。

スポンサーリンク

追加オプションを組み合わせることもできる

次に、追加オプションに付いても見ていきます。

新プランに伴い、オプションの必要性が上がり、カスタマイズ性が上がりました。オプションは下記の通りです。

★横にスクロールできます(スマホのみ)

オプション詳細(料金は全て税込)
金額
特典
データ増量オプション
月額550円
新規加入時、初月無料
だれとでも定額
月額円770
スーパーだれとでも定額
月額1,870円
Enjoyパック
月額500円
新規加入時、初月無料
補償安心パックプラス
月759円
新規加入時、初月無料
ワイドサポート
月550円
新規加入時、初月無料
基本的につけるプランは通話オプションの「だれとでも定額」「スーパーだれとでも定額」とギガ数をお得に増量できる「データ増量オプション」ですかね。

「だれとでも定額」は通話料10分間無料「データ増量オプション」はプランの応じて1〜3GBの増量と基本プランに自分のライフスタイルに合わせたカスタマイズがよりしやすくなりました。

「Enjoyパック」に関しては、YahooショッピングPayPayを利用する人向けのお得なオプションになっています。

結局、ワイモバイルの新プランってお得なの?

結局、ワイモバイルの新プランってお得なの?っことなのですが、

基本プランに関しては、オプションでのカスタマイズ性が向上したことにより、お得にもなりうるといった感じでしょうか。

あと、大事な点として1ついうと、

今回のワイモバイルプランの料金改正で、おうち割や家族割を併合して活用することでよりお得にできることです。

従来のプランでも「おうち割」がありましたが、プランによって割引金額が変わるのでSプランにしているユーザーはそこまで割引になりませんでした。

ですが今回の改正では、割引額が1,188円と一定になっています。

これを駆使すれば、「シンプルS」なら、990円(税込)で3GBを使えますし、10分以内の国内通話が無料になる通話オプションをいれても1680円で利用できます。

(「おうち割」と「家族割」は併合できません。)

まとめ

ワイモバイルの新プランの変更点をまとめると、

○基本の通信料金が安くなった

○毎月のギガ数が増えた

○無料通話にオプション料金がつくようになった

○ 5Gが対応になる

このようになります。

プランのカスタマイズ性が広がったことにより、ライフスタイルに合わせたプランに変更しやすくなりました。

お得さに関しては、家族での利用と、光回線やソフトバンクエアーといったWi-Fiを併合して契約するとよりお得になるようになりましたね。

追加料金なしで、従来のプランと合わせて「5G」に対応している点も良い点ではないかと感じます。

これで乗り換えやSIM契約もしやすくなりましたからね。

ぜひ、ワイモバイルの新プランの変更や乗り換えなどを検討している方は参考にしてみてください。

→ワイモバイル公式オンラインストアで調べる

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

ポチ
ポチ
この記事が良いと思ったらポチッ!をしていだだけると嬉しいです!

↓「ブログ村ランキング」参加中!

PVアクセスランキング にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です